ハルカラモイ

ハルカラモイとアフンルパロ

銀屏風と一連の断崖になっているハルカラモイはU字型に切り取られた崖の下を覗くと浜辺のようなものが見えます。その崖の中腹にはアイヌ語で『アフンルパロ(入る道の口)』と呼ばれる、いくつもの洞窟が不気味に口を開けており、一度足を踏み入れると二度と戻ることの出来ないあの世への道を連想させます。このアフンルパロも海からしか見ることの出来ない景色となっています。

基本情報

名称 ハルカラモイ
所在地 〒051-0034 北海道室蘭市増市町2丁目
交通・アクセス 展望所はありますが、外海遊覧で船からご覧になるのがおすすめです。
42.324872140.941652