絵鞆岬の景観

帆船の船首をイメージした展望台

絵鞆半島の突端にある岬。噴火湾を中心として有珠山、昭和新山、羊蹄山のほか、遠く函館方面まで眺望できます。絵鞆の地名は、アイヌ語の「エンルム(岬)」に由来します。

絵鞆岬の歴史

室蘭地方に先住民族が住み始めたのはこの絵鞆が最初で、7~6千年前とみられるエンルム・チャシと呼ばれる先住民の遺跡が発掘されました。その後、1962年に先住民慰霊碑が建立されました。アイヌ文様の碑面に風が吹くと「ヒューヒュー」と、あたかも先住民の雄叫びに聞こえるように設計されています。

基本情報

名称 絵鞆岬
所在地 〒051-0035 北海道室蘭市絵鞆町2丁目
交通・アクセス ・道南バス 絵鞆公園前バス停より徒歩5分(0.4キロメートル)
・JR室蘭駅より車で15分(5キロメートル)
・室蘭ICより車で20分(8キロメートル)
42.335555140.931334