チャラツナイ

チャラツナイと蓬莱門

海岸付近には大小いくつもの奇岩が点在し、一風変わった景観となっています。一番大きい岩は、ムカルソ(マサカリ岩の意)と呼ばれ、陸からは見えませんが、満潮時には小船が通れるほどの空洞があることから和人は『窓岩』と呼んでいましたが、東向きに穴が開いていることから蓬莱山(中国の伝説で東海中にあり、仙人が住み、不老不死の地とされる霊山)に通じる道ということで、この名前がつきました。

基本情報

名称 チャラツナイ
所在地 〒051-0005 北海道室蘭市新富町2丁目
交通・アクセス 道南バス 地球岬団地より徒歩25分(2キロメートル)
42.305256140.987451